スニペット

スニペットは、いくつかの単語の繰り返し入力を容易にするために設計されています。

スニペットの管理

ツールドックウィジェットを使ってスニペットを管理することができます。

../_images/_1517130666_1123329589.png

このパネルでは次のことができます:

  1. スニペットを作成;
  2. スニペットフォルダを開きます;Vnoteは、構成フォルダー内のフォルダーを使用して、すべてのスニペットを格納し、コンフィギュレーションファイル snippet.jsonを使用して管理します。各スニペットは、1つのファイルに対応しています。
  3. スニペットに関する情報を表示および編集します;
  4. スニペットのソートと削除;
  5. このスニペットをエディタに適用(挿入)する;

スニペットの定義

スニペットには次のものが含まれます:

  • スニペット名
    • スニペットを識別します。また、スニペットフォルダ内の対応するファイルの名前でもあります。
  • スニペットタイプ
    • プレーンテキストまたはHTML。現在のところ、プレーンテキストのみがサポートされています。
  • ショートカット
    • スニペットをすばやく挿入するため、26文字(a~z)のいずれかを指定できます。
  • カーソル・マーク
    • VNoteでは、カーソルマークを使用して、スニペットを適用した後にカーソルの位置をマークします。コンテンツに1度だけ表示されます。
  • 選択マーク
    • Vnoteは選択マークを使用して、選択したテキストを挿入する位置をマークしてから、スニペットを適用します。選択マークは、コンテンツに複数回表示されることがあります。スニペットを適用すると、選択したテキストがすべて選択されたテキストに置き換えられます。
  • コンテンツ
    • スニペットを適用しているときに、現在のカーソルの位置に挿入されるスニペットの内容です。

スニペットを適用

スニペットパネル

カーソルを適切な位置に置き、スニペット・パネルでスニペットをダブルクリックしてスニペットを適用します。

ショートカット

キャプテンモードを使用して、スニペットをすばやく適用することができます。編集モードで、Ctrl+E Sを押してスニペットの選択ダイアログをアクティブにします。このダイアログボックスには、ショートカットが定義されたすべてのスニペットが表示されます。対応するショートカットキーを押してスニペットを適用します。

CPPを使用してコードブロックを挿入する

```cpp
@@
```

選択されたテキストのコメントアウト

<!-- $$@@ -->

色のタグ

<font color=red>$$@@</font>

または:

<mark>$$@@</mark>