エキスポート

VNoteは、リッチで拡張可能なエクスポートをサポートします。

../_images/_1522153820_1561893453.png

ソース

エキスポートするノートを選択するには4つのソースがあります。

  • Current Note
    • 現在のノートをエキスポートします。
  • 現在のフォルダ
    • 現在のフォルダ内にあるすべてのノートをエクスポートします。
    • サブフォルダーの再帰的なエキスポートがサポートされています;
  • 現在のノートブック
    • 現在のノートブックのすべてのノートをエキスポートします;
  • カート
    • カートは、追加の処理をするために個々のノートを収集するツールです。

オプション

We could specify Markdown renderer, Markdown rendering background, Markdown rendering style, and Markdown rendering code block style for the export. For example, we could specify a transparent background when we export PDFs.

書式設定

Markdown

MarkdownノートをMarkdown形式でエクスポートすることができます。For a note named vnote.md, VNote will create a folder named vnote_md, then copy the vnote.md to this folder, then copy local images of this note, then copy the attachments of this note. この後、このフォルダを圧縮して共有することができます。

HTML

ノートをHTML形式でエクスポートする場合、VNoteは最初にMarkdownノートをレンダリングしてから、HTMLをファイルとして出力します。HTML形式の詳細設定には、次のものがあります。

  • 埋め込みCSSスタイル:
    • エクスポートされたHTMLファイルにCSSスタイルを埋め込みます。
  • 完全なページ
    • チェックマークを付けると、VNoteはHTMLファイル以外の関連イメージもエクスポートされます。チェックされていない場合は、ローカルイメージが失われる可能性があります。
  • MIME HTML
    • MIME HTML形式をエクスポートします。

PDF

VNoteでは、ノートをPDFファイルとして書き出すことができます。ページ・サイズとマージンは設定可能です。輸出をするには2つのエンジンがある。

内蔵エンジン

組み込みエンジンはコンテンツとともに機能しますが、生成されたPDFファイルにはブックマークがありません。

wkhtmltopdf

wkhtmltopdf is a third-party tool to convert HTML to PDF. この追加ツールをインストールする必要があります。このツールはVNoteによって使用されます。When using this engine, VNote will first convert the Markdown notes to HTML format, and then call wkhtmltopdf with the generated HTML files as input.

../_images/_1522239414_1120116148.png

詳細設定には、次のものがあります:

  • wkhtmltopdf path
    • wkhtmltopdf 実行ファイルのパス
  • Title
    • 生成されたPDFのタイトル。All In Oneが有効になっている場合のみ有効です。
  • Output file name
    • 生成されたPDFファイルの名前です。All In Oneが有効になっている場合のみ有効です。
  • Page Number
    • ページごとにページ番号を追加するか、その位置を指定するかを指定します。
  • バックグラウンドを有効にする
    • HTMLの背景を有効にするかどうかを指定します。
  • Additional options
    • wkhtmltopdfに渡される追加のグローバル・オプション。利用可能なオプションについては、wkhtmltopdfのドキュメントを参照してください。

PDF (All In One)

When choosing this format, VNote will utilize the wkhtmltopdf tool to convert multiple Markdown notes into one PDF file. To make this work well, a good practice in using VNote is to turn on Heading Sequence starting from level 2 and insert the title as level 1 heading for each note.

カスタム

The Custom format enable users to choose whatever tool they like to process notes.

../_images/_1522240083_877026964.png

詳細設定:

  • Source format
    • VNote supports using Markdown or HTML format as the inputs to your tool.
  • Output suffix
    • The suffix of the output file, such as docx, pdf, or ppt.
  • Enable All In One
    • Whether put multiple notes as the input once to your tool. They are separated by spaces.
  • Output file name
    • The file name of the output. All In Oneが有効になっている場合のみ有効です。
  • Input directories separator
    • VNote could pass the directories of the input notes to your tool. You could use these directories as the resource folders. This option specifies the separator to concatenate these directories.
  • Command
    • The command executed by VNote. Some special place holder you could use:
      • %0: the input files;
      • %1: the output file;
      • %2: the rendering CSS style file to be used;
      • %3: the input file directories;
      • %4: the rendering code block CSS style file to be used;

An example to use pandoc to export notes:

pandoc --resource-path=.:"%3" --css="%2" --css="%4" -s -o "%1" "%0"

Then if the output suffix is pdf, it will generate the PDF file; if it is docx, it will generate the DOCX file.